ワードプレスでの記事投稿方法

2019年6月9日

それではここでは、実際にワードプレスで記事を投稿するための手順や方法を書いていきます。実際の投稿画面とは若干違うかもしれませんが、重要なポイントは同じですのでご安心ください。

ワードプレスにログインします。

https://20s-femininity.net/wp-login.php

上記がログインのURLです。クリックして申込時に決めていただいたユーザー名とパスワードを入力して、ログインボタンをクリックします。

ログイン画面

管理画面の左メニューを操作します。

管理画面①

管理画面を開くと左側にメニューが表示されますので、その中の投稿をクリックします。(マウスを乗せるだけでも投稿一覧と新規追加のサブメニューが表示されます。)

管理画面②

左側に投稿一覧と新規追加のサブメニューが表示され、過去に投稿の下書きをしているのであれば下書きの一覧が表示されます。ライターの皆様は下書きの状態で保存し、確認後ご連絡ください。問題なければこちらで公開します。

管理画面での記事作成方法①本文以外を決める

新規投稿画面

キーワードを指定回数入れたタイトルを入力します。①に合計の文字数が表示されますので、30文字前後で入力します。ちなみに本文の文字数は本文入力エリアの左したに表示されますので参考にしながら執筆してください。

②は入力するためのエディタを選択するのですが、通常はビジュアルエディタを選択した状態で問題ありません。テキストエディタはHTMLのタグを使って編集するものなので使える人はどちらでもかまいません。

一番右のページビルダーは特殊なレイアウトで作成するためのものですので通常は使わないでください。過去記事ではこれを使って作成したものもありますが、現在は使用していません。③を押して定期的に下書き保存しながら作業をしていってください。

ワードプレスには定期的にリビジョンといって保存する機能がついていますが、好きなタイミングで保存されるわけではないので、マメに下書き保存していったほうが無難です。その右のプレビューを押してどんな風に記事がみえているのかを確認するのも忘れずに。

改行やレイアウトの崩れは微妙にでてくる場合もありますので、こちらで調整するのでそこまで気にする必要はありません。④のカテゴリーは複数選択できますが、サイトに表示されるのは1つのみですので1つだけチェックを入れるようにしてください。

複数あってどのカテゴリーに入れるか微妙な場合は、その上の大カテゴリーにチェックを入れてください。こちらで不適当であると判断した場合には変更します。これは修正の対象ではありません。

管理画面での記事作成方法②本文を入力する

本文入力

本文入力エリアに、まずは導入文記事の概要)を100~200文字程度書いていきます。通常はそのまえに最初に画像を挿入しますが、これは後述します。②を含む強調をはじめとしたタグが並んでいるところで、必要なタグを選んで装飾を行ってください。

該当の文字列を選択して反転表示させ、タグをクリックすると反映されます。実際に使うのは引用・強調・配置くらいですが、このあたりは実際に使ってみてなれていってください。ただし、あまり多用するとごちゃごちゃして読みにくくなるので注意が必要です。

見出しに関しては、見出しのテキストを書いた後に同じように選択して①をクリックした後に、h2~h4の見出しを選びます。書き終わったら改行して画像挿入、本文を書き込んでいきます。コピーチェックに関しては各パーツ(見出し・本文)ごとにするのもいいですし、全部書き終わってから行ってもかまいません。

コピーチェックや誤字脱字、おかしな表現のチェックに関してはこちらを参考にしてください。(外部リンク)

画像を挿入する

画像の挿入

画像挿入の手順は簡単です。画像挿入箇所にカーソルがあることを確認した後に、メディアを追加をクリックします。

画像の挿入手順2

画像ファイルをドロップ・ドラッグするか、「ファイルを選択」をクリックします。

画像挿入で画像を選ぶ

該当のファイルを選択した状態で、「開く」をクリックします。

画像挿入時の確認

メディアライブラリタブが選択されていることを確認、アップした画像にチェックマークが入っているのを確認します。代替テキストの項目に見出しと同じテキストを入力します。

画像挿入最後の確認

添付ファイルの表示設定の項目で、「配置」は中央・「リンク先」はメディアファイル・「サイズ」はフルサイズを選択してください。最後に、投稿に挿入をクリックします。

ツイッターを挿入する

次に同じようにSNSのツイッターを挿入する方法を紹介します。こちらは公式にされている方法なのでウェブで検索すれば同じような方法が書かれた記事がたくさんヒットします。

ツイッター挿入1

まずは対象の画像のあるツイートの右下の、↓の先っぽだけのようなところをクリックするとサブメニューが表示されます。その一番上の「ツイートへのリンクをコピー」をクリックするとリンクURLがコピーされます。

ツイッターを本文挿入

そのままビジュアルエディタ上で貼り付けると、瞬時に画像貼り付けが終了します。左寄せですがこちらで修正しますので、そのままで構いません。

インスタグラムを挿入する

インスタグラムに投稿された画像を埋め込む方法を紹介します。このサイトで使用しているテーマでは、インスタのコードをコピーしなくても簡単に埋め込みが可能です。

インスタのアドレスをコピー

投稿したいインスタのURLをコピーします。

アドレスを貼り付け

ツイッターと同様にビジュアルモードの該当箇所にアドレスを貼り付けると、インスタの画像挿入は終了します。もししばらくたってもアドレスのみで画像が表示されない場合は、ビジュアルモードからテキストモードにタブを切り替えた状態で、画像を挿入したい箇所に貼り付けます。

その後見出しを装飾してわかりやすくしたように、アドレスを選択状態にします。

タグを挿入

URLが選択されている状態で上のタグから「テーマ用インスタ中央寄せ」をクリックすると、divタグに囲われます。この状態でタブをビジュアルにもどします。

ビジュアルモードで確認

インスタが埋込されました。ここでは左寄せのようにみえますが、保存・プレビューで確認するとしっかり中央寄せで埋め込まれます。最初のうちはなれないかもしれませんが、基本的にコンテンツ(本文)が重要なので、レイアウトに関してはあまり気にしなくてもいいです。

インスタ・ツイッターともに、ビジュアルモードで表示されなかったり、プレビューでも表示されずにURLのみの表示でも、問題ありません。必要があればこちらで修正します。

アマゾンの商品リンクを挿入する

※商品リンクの挿入は行わなくてかまいません。必要にあわせてこちらで行います。現在アマゾンに関しては仕様の変更によりプラグインが作動してないケースが発生しています。AmazonJsというプラグインで表示させていたのですが、AMPも非対応なので代替えプラグインでの対応を検討・修正中です。

アマゾンリンクの挿入

コスメや美容関連など、自分が使った商品やファッションなどの小物・アイテムの紹介や特集記事を書く場合は、アマゾンのリンクを挿入すると便利です。こちらは必要があればリライトの際に挿入しますが、画像がなくて味気なくなるようでしたら付け加えてください。

「メディアを追加」の右に「a」というわかりやすいタグがあるのでクリックします。

アマゾンリンク検索

そうすると商品名やブランドなどを入力する箇所が表示されるので、必要事項を入力した後に右の検索ボタンを押します。

アマゾン商品一覧

検索された商品の一覧が表示されるので、該当するものを選択します。

アマゾン商品の詳細

表示された商品内容で問題なければ挿入をクリックします。

アマゾン商品コードの貼り付け

[      ]で囲まれた部分に商品紹介のコードが貼り付けられました。保存してプレビューすると、

アマゾン商品のプレビュー

しっかりと貼り付けられています。

現在アマゾンに関しては仕様の変更によりプラグインが作動してないケースが発生しています。AmazonJsというプラグインで表示させていたのですが、AMPも非対応なので代替えプラグインでの対応を検討・修正中です。

管理画面での記事作成方法③下書き保存・プレビューで確認

以上でおおよその記事作成手順の説明を終わります。よく使う機能のみ説明してきましたが、基本的にこれだけでOKです。あとの専門的な修正や付加コンテンツはこちらで作業しますので問題ありません。ご不明な点がありましたらご遠慮無くお問い合わせください。

また、下書きが全部終了して確認も終わりましたら、タイトル末尾に(確認希望)と記載しておいてください。こちらでチェック作業に入ります。チェックが終了して修正の必要がある場合は(要修正)に変更され、メールにて修正内容をお知らせします。

問題なければ()を削除し公開いたします。5件公開を確認しましたら、検収フローに進んでください。

LINEでのお問い合わせ・ライター登録の申込みはこちらです。

メールでのお問い合わせ・ライター登録の申込みはこちらです。

メールの方は必ずPCからの受信を許可した状態で送信してください。