ハワイよりドバイがいい?ドバイの人気の秘密を徹底解説♪

2018年12月26日

広告

画像出典 au.hotels.com

女子旅でいく海外旅行の定番といえば、過ごしやすくて買い物便利なハワイがスタンダードですけど、旅に小慣れた感じの人には「日本ムード」がありすぎると新鮮味がないようです。その点でハワイは日本企業の進出や食事の面で物足りなさがあることもあります。

なので最近では女性同士でいく旅行先の候補で話題になっているのが中東にある未来型をイメージさせる都市・ドバイ。UAE(アラブ首長国連邦)の国の中でも一番経済的に成長し、高層ビルがたくさんあるドバイは、ハイクラスリゾートの印象が強いのも事実です。

なので高すぎて気楽には行けないというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は案外リーズナブルに満喫できるんです。

広告

ドバイにはワールドクラスのインスタ映えスポットが!

ドバイで圧感されるのは、全てにおいて膨大な資金を投入して、商業施設やホテル、水族館などなど、ワールドクラスを目標にして建設してしまうところです。

 

View this post on Instagram

 

猫柳にゃにゃさん(@nyanya0306)がシェアした投稿

とりわけみんなが知っているのは、何を隠そう世界ナンバーワンの高層ビル、ブルジュ・ハリファ。高さ828mを有するビルの展望台(展望台・AT THE TOPは地上442メートル)

地上555メートルにもラウンジが設置されていて、ここは事前に予約が不可欠です。そこからドバイの街に目をやると、自分がいる世界が現実ではないような不思議な感覚に襲われます。夕方過ぎると混雑してくるので、朝早めに行くのがオススメです。また、コストを押さえるなら当日よりもウェブ予約の方がお得です。

【ブルジュ・ハリファ】
所在地:1 Emaar Boulevard, Downtown Dubai, P.O.Box: 888888 Dubai アラブ首長国連邦
料金:125Dhs~500Dhs(時間帯によって変動)

総水量22000ガロン(83160リットル)を費やした世界一の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」は1000を越すノズルを利用し、アングルや色を変化させながら噴水するのですから、イメージ的には噴水よりも花火みたいな絢爛さです。

ドバイ市内は短時間で色んなエリアを楽しめる!

旅行先でたくさん見て回って楽しもうと思っても、移動時間がかかりすぎて全部回るのは一苦労です。でもドバイ周辺の観光だったら、人工的に開発された小規模な街なので、砂漠を見て回ってから海水浴を楽しんだり、中心部で演劇を楽しんだりといったことまで時間をかけずに楽しめるんです。

アラビア半島南部の30%を占めるルブアルハリ砂漠には、ドバイ市内から車で約60分前後でいけるので、砂漠をドライブするツアーが催されています。中でも、キャンプ地でのビュッフェスタイルでも食事やヘナペイント、水タバコ体験や舞踏鑑賞など充実したツアーを扱っている旅行代理店「トラフコ」のツアーは非常にもってこいです。

4WD車を使った砂丘ドライブはジェットコースターのような凄まじさ!ドライブ中は砂漠の中を行き交っているラクダや、日没を眺めることができて神秘的です。「空虚の地」という意味のルブアルハリという言葉がありますけど、巨大な空虚の地にもラクダやキツネ、蜘蛛、低木様々な動植物が息づいていて、その土地ならではの生態系が営まれているのだ思うと何とも言えない気分になります。

View this post on Instagram

 

Shintaroさん(@shin_taro____)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

M☪︎さん(@m.a.u.16)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Eri Takedaさん(@erieru_cam)がシェアした投稿

砂丘ドライブの後はキャンプ地でバーベキューや水タバコ、ヘナペイントや舞踏を観たりとエンジョイできます。基本的にイスラム教の戒律で飲酒厳禁な(ホテル内など許可エリアならOK)ドバイですが、キャンプ地内では飲めます。

砂漠で乾ききった体に染み込むビールの味はまた極上です。これだけたくさんのツアーで、代理店・トラフコ社が提供するツアー料金は日本円にして1万円かかりません。何度も出来ない体験だと考えたらかなりお手軽な女子旅ではないでしょうか?。

【デザートサファリツアー】
Travco L.L.C.(トラフコ)

砂漠とは真逆のビーチはドバイでも特に高級住宅街であるジュメイラエリアにあるパブリックビーチ。ジュメイラビーチパークは、日本円にして150円前後で海水浴が可能。きれいな更衣室やシャワー、トイレも備わっているので、気楽に楽しめます。

そして、このところドバイでスポットライトを浴びているのが、シルク・ド・ソレイユのプロデュースも手掛けたフランコ・ドラゴン氏のプロデュースによるラ・パール・バイ・ドラゴン。

270万リットルの水を使って、ステージセンターのプールを巧みに活用するほか、空中アクロバットやバイクパフォーマンスなどが目白押し!

漁業や真珠の輸出で栄えた時代から、現在までの歴史をラブストーリーと重ねあわせて描いた、雄大な舞台作品だと言えます。

画像出典 女子SPA

【La Perle by Dragone】

ドバイ市内にある圧倒的満足度のスパ施設!

普段の疲労を回復するために、女子旅でなくてはならないのが、スパとマッサージ。5つ星ホテルがたくさんあるドバイは、ホテル内にいながらにして最高級でアラビックなスパ体験が可能なのも魅力のひとつです。

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイにあるサライ・スパは、死海のプールや金粉入りなど様々なオイルを活用したマッサージ充実していて、インテリアもファンタジー要素たっぷりでお姫様気分に浸れます。

 

View this post on Instagram

 

lavina // lavinaisrani.comさん(@lavinaisranicom)がシェアした投稿

【SARAY SPA】
所在地:JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ内

パレス・ダウンタウンのスパには、東南アジアや北欧系などいろいろな種類のマッサージがあって、他にもネイルや肌質の診断まで可能なバラエティーに富んだメニュー。

画像出典 DowntownThe Palace Downtown Dubai

【THE SPA】
所在地:ザ・パレス・ダウンタウン・ドバイ内

アルガンオイルがブームになってから日本でも話題になっているアラビックスタイルのマッサージやスパですけど、まだまだ国内に専門ショップは少ないのが現実です。いい機会なので、日本では体験できない珍しいスパ体験もいいかもしれません。

いかがでしたか?ドバイが女子旅に最適な理由を紹介しました。たくさんの人が持っている印象よりだいぶお買得で旅行プランが組めそうです。

これから3月くらいまではドバイに行くにはベストシーズン。4月~9月はサマーシーズンですけど、10月には気候はだいぶ落ち着いてきます。コストのかかる季節は避けながら、過ごしやすい時期を考えて、リーズナブルにドバイ女子旅を過ごしてみては?

パリのブランドが安い!パリ旅行で買うべき安いブランド5選☆

広告