めんどくさ!と男子が思う5つの女子LINE

広告

画像出典:googirl.jp

LINEひとつとっても、男女で考え方が変わってきます。性別に関係なく共通する問題や男性ならではというものもあります。大好きな彼とはいつでも連絡を取り合っていたい、と考える女性は多いんですけど、そのやり取りに彼がゲンナリしているとつらいですよね。

そこで今回はLINEで疲れるポイントをまとめました。彼と末永く幸せに過ごすために、必見ですよ。

広告

うんざりLINE①報告多すぎ

画像出典:sirabee.com

「今日は◯◯ちゃんとランチ」など、自分の事しか話さない女性にうんざりしている男性は多いようです。「今仕事終わったよ~」「私◯◯に行ったことがあるんだよ」という会話には、「良かったね」「楽しかった?」くらいの返事しか出来ないので困ります。

最初のうちは掘り下げて会話を楽しもうと男性も努力しますけど、あまりにも一方的な報告ばかりだと、「はいはい」という感情になるのは理解しましょう。あなたも、まったく興味関心のない話を延々聞かされたら、嫌になりませんか?

「いや、彼は私の話す内容は全部興味持ってくれて楽しんでくれるはず」と思っている人は危険です。

うんざりLINE②連投

画像出典:nosh.media

 LINEというのは連絡手段であり、コミュニケーションのツールです。特に恋愛においては相手との距離を縮めたり、思い出を共有するなどして発展させていくのに必要不可欠ですね。

でも、そんなLINEで一度に複数回に分けて送信したり、相手の返信を待たずにラインを送った場合、うざいと思われるので注意が必要です。

カップルの中では普通に連投で会話している人達もいるので決めつけはできませんけど、「俺の話聞いてる?」とならないようにしなくてはいけません。あくまでも会話ですから、相手の意思も尊重しましょう。

自分の送った内容に相手の返信がないと不安になるかもしれませんけど、相手にも事情があります。どんな返事を送ろうか考える時間も必要です。それを無視して送ってしまうと、最悪「重い女」になってしまいますよ。

うんざりLINE③理解不能なスタンプが多い

画像出典:lovely-media.jp

可愛いスタンプを送ると確かに恋愛効果はアップしますけど、いくらなんでも送りまくればいいわけではありません。個人的にスタンプが苦手という人もいるでしょうし、下手をするとなぞなぞ合戦みたいなスタンプのやり取りになるので、意味はもたせましょう。

うんざりLINE④自分の話ばかり

画像出典:mental-effect.com

自分の話の時はよく喋るのに、彼が話し出すと相づち程度で流したりしていませんか?これは恋愛に限ったことではないと思いますけど、やっぱりうんざりしてしまいます。そんな人の話は聞きたくなくなるし、お互いにデメリットしかありません。

うんざりLINE⑤返信に注文をつける

画像出典:jp.news.gree.net

 彼からのラインの返信に、いろいろと注文をつけていませんか?返事が遅かったり短文だったりした時に、「ちゃんと返事してよ!」とか「なんでいつもそうなの?」などですね。彼は決して無視しようとか返事がしたくないわけじゃありません。

ただ男性の場合女性に比べると返事が遅いケースが多いので、いちいちそれに腹を立ててはいけません。彼に求めてばかりではなくて、こういうもんだという気持ちをもってやり取りすると、今まで以上にLINEを楽しめるんじゃないでしょうか。

もう一度自分を見直してみて、当てはまる点がないか確認してみましょう。

勘弁して!さすがに嫌になる彼女の「押し付けルール」9パターン

広告