もう騙されない!ワンチャン男の誘いの手口!

2018年8月1日

広告

付き合うつもりはないのに、エッチ目当てで女性にアプローチしてくる男。よくワンチャン男なんて言われますが、女性にとっては迷惑な話です。1人の女性と関係を持つだけじゃなくて、不特定多数の女性と関係をもっておきたい、そういう男性の事をいいます。

今回はそんなワンチャン男に騙されないように、ワンチャン男の手口を紹介します。

広告

①夜の待ち合わせばかり

 
画像出典:ハウコレ
エッチしか考えていない男性というのは、昼のデートは時間の無駄だと考えています。なので最終目標をエッチに設定しているワンちゃん男にとっては、夜の待ち合わせが当たり前で、時間が遅ければ遅いほど、当日エッチ目的の可能性が高まります。
 
逆に考えると、あなたの都合にあわせてくれたり、昼のデートから順序よくステップアップする感じなら、あなたの事を真剣に考えてくれているのかもしれません。

②いきなり暗めの間接照明バー

画像出典:ぐるなび

結局は自己責任になってしまうんですけど、相手がどんな男性かわからない状態なら、合コンなどでは2次会くらいに留めておいて、連絡先交換くらいが無難といえば無難です。お酒が入ってくればお互いにムードも高まってきますし間違いも起きやすくなってくるからです。

また、デートの場所で薄暗いムードのある間接照明が効いた個室や、半個室のようなバーを選んでくるのも要注意ですね。お店をチョイスするポイントが味よりも雰囲気に重点がおいてあるのでわかりやすいです。

そんな雰囲気のバーが悪いとはいいませんけど、女性が雰囲気にのまれやすくて口説きやすいのを男性は知っています。なので最初のデートは昼間がいいですけど、夜なら女性側に好みを聞いてきたり、選ばせてもらえる感じならOKかもしれません。

③くすぐったいくらい褒めてくる

 

ターゲットをオトスにはどんな手段も選ばないのが彼らの特徴でもあります。その一番の特徴が「褒める」という事です。誰でも、仮にお世辞だとわかっていても、褒められて嫌な気分になる人はいません。ワンチャン男は褒めるのが上手です。

上手というよりも、「そこまで褒める?」というところまで褒めて、半分笑いをとりながらも、いつの間にか気分が良くなって男性に乗せられている、という結果になってしまうんです。

ちょっと冷静に考えて、あまりにも褒めてくる男性(特にそんなに親しくないのに)は、多少気を付けておいたほうがいいかもしれません。

④ボディタッチのしやすいカウンター席

 

最終的な意思確認をするにはボディタッチが必要不可欠です。これをすることによって、女性がOKなのかどうか?というのを探っています。女性側が気にしなければいけないポイントは、明らかにそれを意識した席とりなのか?という事です。

あえてボディタッチしやすいカウンター席を指定する男性にはワンチャンを意識している可能性が高いです。意識していないなら、どこがいい?と聞いてきたり、自分からテーブル席を選んだりしてきます。

確かにエッチから始まる恋愛も否定はできないと思いますけど、やっぱり女性はしっかりステップをふんで恋愛したいと考えるものではないでしょうか?ワンチャン男の餌食にならないように、参考にしてくださいね。

あなたはいくつ知ってる?ダメ男の本当の見分け方☆

広告