え!そうなの?男子が嫌いな5つの勘違い女子力アップ法

2018年12月5日

広告

勘違い女子力

画像出典:lovers plus

男子ウケを良くするために始めた女子力アップ法。雑誌などをチェックして、いろいろな方法を試してみるんだけど・・・・あんまり効果があがらない!そんな人はもしかすると、男子が嫌う勘違いな女子力アップ法をやっていたのかもしれません!

なので今回は、男子が引くかもしれない勘違い女子力アップ法をピックアップしてみました。

広告

勘違い女子力アップ法その1:コスメ集め

画像出典:MAQUIA ONLINE

女子力アップのために一番大切なのはメイクアップだ!と考えて、デパートで化粧品の買い物することに夢中になる女性がたくさんいます。夢中の度合いも人それぞれだと思いますけど、化粧品にお金を使う女の子は男性によって嫌われるかもしれません。

女の子の視点から考えると、「高級化粧品でメイクすれば綺麗になる、可愛くなる」と思うかもしれません。確かに男性はキレイな女性が好きだし、可愛い女の子が好みです。外見的な要素が大きいのは否定できません。でも、それだけじゃないんです。

「化粧品を買うことで美しくなる」かもしれませんけど、中身はどうなの?という話なんです。化粧品やメイクアップ技術に依存しないでもう少し内面も磨けば?と考えている男性もいるので、行き過ぎには気を付けたほうがいいかもしれません。

勘違い女子力アップ法その2:ブランド品に依存

画像出典:女性の美学

これ、さっきも書きましたけど、買うことがじゃなくて依存、という意味です。頑張った自分へのご褒美や、いいものを長く使いたい、という理由でブランド品を購入する女性も多いかと思います。

ただ、ブランド品ばかりを買う女の子に好印象を持つ男子はそこまで多くないようです。結婚を考えている男性から見ると、ブランド品ばかり購入する女の子は「お金のかかる女性」と判断され、場合によっては恋愛対象から外されている可能性もあります。

「長い間使いたい」という理由でブランド品を選ぶのは悪いことではありませんが、頭の先から足の先までブランド品だったり、これみよがしに着飾っている女の子は、男性が嫌いになる可能性があるため、控えめにしておいたほうがいいかもしれません。

勘違い女子力アップ法その3:必要ないのに英会話

画像出典:英会話リンゲージ

職場で英会話が必要になった場合は別ですけど、特に必要もないのに「英語会話教室に通っている」とステータスにしている女性をみて「ふーん」とちょっと引いて見ている男性も多いようです。

その理由は、高い授業料を支払ってまで本当に生活するのに役立つのかどうか?という疑問があるからです。「私は英会話教室に通っている」というのを自慢げに語る女の子をみて「あっそう」と内心思っている男子もいるのは確かなので、嫌われる可能性も0ではありません。

勘違い女子力アップ法その4:趣味に散財

 

View this post on Instagram

 

藤島 研一さん(@fujishima_kenichi)がシェアした投稿

意味のある時間の使い方をして自分を高めたい、と考えている女性は多いようです。いろんな前例や流行っているから、という理由だけで目的もなくなんとなくカルチャースクールに通い始めた、という女性の場合は、男性から嫌われる可能性が高いといえるかもしれません。

趣味にあまりにも多く走時間を割いたり、お金をかけるようにな習い事をするようなら、男性からの視線が冷ややかなものに変わっていく可能性もあります。習い事が悪いとはもちろん思いませんけど、内容によりけりですね。

勘違い女子力アップ法その5:時間よりお金をかける人

画像出典:MAHAINA

今では女性の社会進出も促進されて、男性のように普通に働いて経済的にある程度自立している女性も増えてきました。それ自体はものすごくいいことだと思います。ただ、そのせいか時間をかけるより、お金をかけて解決しようという女の子も増えてきました。

例えば毎朝のジョギングより仕事帰りのエステをチョイスしていませんか?ここが男性に嫌われる意外な盲点だったんです。美を追求することは悪いことではありませんし、最初にお話したように男性もキレイな女性は好きです。

自分の彼女やパートナーには美しくあって欲しいと願うものです。でも同じ美しさでも、時間をかけた美しさに男性は魅力を感じるもの確かなんです。しかし、女の子たちがやっているお金をかけたキレイは、男性からすれば「偽物」に見えてしまう場合もあります。

画像出典:バリ王

付き合うとお金がかかりそう、と感じられてしまうんです。こういったところはブランド品やコスメ、趣味などにも共通していますよね。思い当たる女性も多いんじゃないでしょうか。せっかく男子に好かれようと思ってやっている女子力アップ法も、裏目に出て「カネがかかりそう」や「上から目線」と思われたら意味がありません。


男性にとっての本当の魅力は、外見が0ではありませんが、お金で買うものじゃなく時間をかけて作り上げたものではないでしょうか。見た目だけじゃなく、内面も磨く努力が必要かもしれませんね。

お部屋の中で女子力UP♡5つの香りうっとりディフューザー

女子力アップで追われるオンナになるには?効果的な女子力アップ法!

共通するのは「勘違い」!?恋の勝ち組女性のキーワード

広告