冬コーデの定番♡ダッフルとデニムでもこなれ感のある6パターン

2018年10月7日

広告

冬の季節の王道アウターと言ったら、なんといってもダッフルコート♡カワイイ上に、暖かいのがポイントですよね。でも、ダッフルコートにデニムパンツをセットしたスタンダードなコーデは、「ラフすぎてダサいんじゃ?」とお困りの方はたくさんいるのでは?

ここでは、ダッフル×デニムでもこなれてるイメージを与える着こなしをご紹介します♡

参照 wear.jp

ダッフル×デニムは、永久保存版と呼んでも言い過ぎじゃない、ベーシックなコーディネート。なので毎年のように着てしまっているし、だからワンポイントアレンジを加えなければ、目新しさがなく古臭いイメージを与えてしまうんです。

定番でもこなれ感をアピールしたいんだったら、ストールをアクセサリーっぽくプラスしたコーデがもってこいです♡当然そのまま首に巻いてもカワイイんですけど、チェック柄ストールをバッグのアクセサリーとして活用することで、自然にこなれ感がでてきますよ。

 

ダッフルとデニムでこなれ感を出すコツ②アクセントカラーのニットを追加

参照 wear.jp

シンプルなネイビーや黒のダッフルコートをチョイスしているケース、インディゴブルーのデニムで揃えると、濃色同士のアレンジで、ほんのちょっと重い印象がありますよね。でも、そこにポイントカラーニットを加えると、コーディネートが一瞬で変わるんです♡
新鮮味が加わるだけじゃなく、どこかトラッドな感じもしますよね。ポイントカラーは、赤やオレンジといったパキッとした暖かめのカラーがおすすめ。温和なイメージなんですけど、ちゃんとその存在感が目立ちます!

 

ダッフルとデニムでこなれ感を出すコツ③柄モノをさりげなく

参照 wear.jp

何故ダッフルとデニムのベーシックコーディネートは、地味で控えめに感じるんでしょうか。その原因として言えるのは、身体全体が無地で重いテイストのアイテムばかりになっているから。では、柄モノのアイテムを付け加えてして、華やかにアレンジしてみましょう♡

ダッフルコートのトラッドな印象にベストなアーガイル柄は、デニムとのフィット感も上々!上下で濃い色でも、柄を使えば違うイメージになって、こなれた感を出すことができるので、ぜひトライしてみてくださいね!

 

ダッフルとデニムでこなれ感を出すコツ④定番=質重視で

参照 wear.jp

ダッフルとデニムは単純で基本にそったコーディネートなので、お互いのアイテムがどれだけハイクオリティなのか、とういのが重要なポイントです。「わかりやすいコーデがいい!」というんだったら、フォルムにこだわり抜いたアイテムをセレクトしておくことが必要です。

キレイなシルエットや、自分にフィットしたサイズなのかを見るポイントは、肩の位置です。肩幅がちょうどいいコートを着ると、自然に姿勢がシャンとして見えて、ラグジュアリー感もアップしますよ♡

 

ダッフルとデニムでこなれ感を出すコツ⑤レトロ感♡ハイウエストデニム

参照 wear.jp

ダッフルコートと言ったら、カジュアルコーデの主流アイテム。普段っぽさの中にも、違いを見せたいなら、流行りのアイテムをプラスしましょう♡おすすめはハイウエストデニムをミックスしたコーデです。

ブリーチ加工がなされたハイウエストデニムは、年代物っぽくてレトロ可愛いと今注目されているアイテムなんです。そのレトロ感がむしろ新鮮な感じがして、コーデが今っぽくなります。

レトロなハイウエストデニムを合わせるときは、他のモノはなるべくシンプルに控えめにして、その存在感を鮮明にするとこなれ感がアップしますよ♡ ♡

 

ダッフルとデニムでこなれ感を出すコツ⑥チルデンニットでトラッドに♡

参照 wear.jp

トグルボタンがポイントのダッフルコートは、なんといってもトラッドなイメージで身につけたいですよね♡ラインが印象的なチルデンニットは、キュートさの中にもフォーマル感があっておすすめなんです!

ネイビーのニット×デニムのスタイルも、ラインが入るだけで雰囲気が明るくなるから不思議ですよね。デニムはロールアップすることで軽やかなイメージになるので、足元がスッキリまとまるのでスタイルアップに効果的です。

 

どんな感じでしたか?王道同士のアレンジだからこそ、組み合わせ方で印象がまるっきり変わってきますよね。去年も着ていたコーデを、どう今シーズンっぽくリニューアルするかで、おしゃれの良し悪しが決まります!

今年らしさたっぷりなアイテムをプラスしてこなれ感を出していきましょう。まだまだ寒くなるこの先を、楽しくセンスよく過ごしましょう♪

まだ寒い!でもフレアスカートあったかコーデで春を先取り♡

ロールアップデニムを使ったワンランク上の冬コーデ♡

レトロガーリーな冬コーデをイチオシブランドで楽しもう♪

広告