有村藍里、エスカレートする『ブスいじり』に憤慨!ネット上では「酷い」VS「仕事もらってる」と賛否両論

2018年9月13日

広告

画像出典:ザ・テレビジョン

4月28日にオンエアされた「おしゃべりオジサンとヤバイ女」(テレビ東京系)に有村藍里さんがゲストで出演しました。番組中で彼女は自分の顔で「ブスいじり」される事に悩んでいる事を吐露していました。

有村架純さんのお姉さんという事で注目をあびて、テレビをはじめとしたメディアへの露出も格段に増えた彼女ですけど、何かにつけて妹と比較される事が多いようです。

そのためある程度は妹と比較して(自分がブスだということを)受け入れているそうなんですけど、最近のバラエティ番組でのブスいじりに戸惑っているのも確かのようです。

番組の事前アンケートで「ブスで良かったことは?」と聞かれて、「そんな事あるはずない!」と有村さんは怒ります。他に結婚願望についてのトークでは「このままじゃ孤独死する」「一緒にいる人がいないと寂しい」と本心を打ち明けて、乙女心をみせていました。

広告

ブス発言否定派VS肯定派

放送後のSNS上では、「有村藍里はブスじゃない!」「妹は別格だから!」「ブス呼ばわりする人が悪い」と藍里さんを擁護するコメントが多数寄せられていました。


ここからは私の個人的な意見になりますけど、最近は「ブス」をネタに笑いをとる風潮が問題視されているので、やっぱり擁護派のほうが意見は多いようです。

お笑い芸人さんの場合は、それが収入というか芸になるのであれば、本人がOKの(本当に受け入れている)場合は、まだいいかもしれませんが、それでもやっぱり身体的な特徴を誹謗中傷することで笑いをとったりネタにする事は、個人的には嫌いです。

中にはそれで仕事もらってる(芸人でもタレントでも)んだからいいんじゃないか?という意見もあるようですけど、それでも、それでも、やっぱり度を越すといい気分はしませんよね。本人の意識と業界の認識のズレが広がらないように願いたいところですね。

広告