「素敵な大人のカップル」と評判の高い長谷川博己が恋人の鈴木京香の愛犬と散歩

2018年5月30日

広告

画像出典:woman.infoseek.co.jp

再来年の2020年、大河ドラマ『麒麟がくる』に主役として出演する長谷川博己(41才)さんは、織田信長に謀反を起こした直後に豊臣秀吉に倒された、明智光秀としてのキャスティングです。

「きちんと大河の出演依頼を頂いたのは今年2月頃。ただ、最初は他の仕事とのバランスもあって躊躇していたそうです。ですが、脚本の池端俊策さんから“今までにない光秀像を創れるのは長谷川くんしかいない”とラブコールを受け、出演を決めたそうです。」(芸能関係者)

長谷川さんは今年10月からオンエアされるNHK連続テレビ小説『まんぷく』でも、相手役の安藤サクラ(32才)の夫役で出演。2年続けてNHKドラマの顔としての出演になります。

「多種多様になんでもやれる演技力は当然の事、プライベートのクリーンな印象が業界内で評判です。たくさんの芸能オフィスから、『長谷川さんがメインキャストならウチの俳優をぜひ使ってください』とオファーが入るほど。

鈴木京香さん(49才)との8年間の付き合いも、とろけるような大人の恋、と温かく見守られています」(前出・芸能関係者)4月中ごろの昼過ぎ、黒い小さめの犬と一緒に散策する長谷川の姿がみられました。

「最近飼い始めたトイプードルは京香さんと相談して決めたそうです。ふたりで役割を決めて世話をしています。“家族3人”で散歩する事もあるそうです」(別の芸能関係者)配役の明智光秀の三日天下とは違って、長谷川さんの天下は仕事もプライベートも続きそうですね。

 

広告