辻希美、池上彰との共演で「ブログ炎上」について相談。実は広告収入のための計算なのか?

2018年8月27日

広告

画像出典:instagram.com

4月23日の深夜に放送された『池上彰と“女子会”』(TBS)に出演した元モーニング娘。の辻希美さんは、池上彰さんにブログが何度も炎上して困っている、と相談していました。この件について関係者は「実は深刻に悩んではいないのでは?」と疑問に思っているようです。

辻さんは番組の質問コーナーで、ブログを更新しても炎上してばかりで好感度をあげたくても全く上がらない、と嘆いていました。確かに辻さんに関してはネット上に多数のアンチが存在する事は事実で、なにかにつけて批判されがちです。

今回の話題と同じ様に炎上をテーマにしてテレビ出演する機会も実際に増えているようですけど、本人はまったくの不本意のようです。その半面、辻さんは悩んでいると見せかけて炎上ビジネスをしているのでは?という声もあります。

いちご狩りに家族で行って練乳をかけて食べた事に関して、「とれたてイチゴにわざわざ練乳かけるか?」という揚げ足取りのような批判がありましたけど、辻さんサイドがわざとねらって投稿しているのでは?という声もあるようです。

広告

ブログ炎上はビジネスとして?

辻さんが好感度を捨ててまで、何度も炎上していると疑いが持たれるのは、やはり「ブログビジネス」が目的とみられるからです。

炎上はブログやSNSは誹謗中傷や罵詈雑言で溢れかえってって収集がつかなくなる状態の事をいうんですけど、炎上するという事はそれだけ膨大なアクセスがあるという事にもなります。

どれだけ大炎上したとしても時間がたてば飽きられますし、しっかりと更新していれば真面目なユーザーは残ります。特に辻さんの場合は知名度も高いですし、炎上するたびにニュースサイトにも掲載されますので、さらにブログのアクセスアップにつながるようです。

辻さんに限らず芸能人のブログは知名度が高いのと固定のファンがいるために、一定数のアクセスがあるので、広告を掲載すればお小遣い程度には稼げていたようです。ただし辻さんの場合は「炎上」という奥の手を使って見事にビジネスとして確立できていました。

ただ、時代の流れには逆らえません。LINEがブログに参入してきたり、インスタが全盛期ですから、ブログは「今更?」という若干古いイメージもあります。

それから数年前にステルスマーケティング(ステマ)が話題になって以降は、芸能人のブログについてはマイナスイメージがついてしまった事は否定できません。こういった複数の要因が「ブログビジネス」が低迷した理由ではないでしょうか。

今後辻さんは、噂が本当だとすれば炎上炎上でさらなるアクセスアップを狙うんでしょうか。

広告