平昌金メダルの羽生結弦。帰国後会社での報奨はファーストクラスの航空チケット

広告

画像出典:グノシー

 

全日空(ANA)所属の男子フィギュアスケートの羽生結弦選手(23)が達成した、66年ぶりのオリンピック2連続金メダル獲得を祝う報告会が、2018年2月27日に東京・東新橋本社で開催されました。

羽生選手が金メダリストになったのは14年ソチオリンピックなんですが、実はその時日本航空(JAL)のチャーター機で帰国したという、ANAとしては最高の露出の機会を逃してしまうという苦い経験がありました。

広告

どこに行きたいか?と質問には「一番たかいところ」

画像出典:デイリー

 

羽生選手は従業員から熱心な祝福を受け、家族と一緒に行けるファーストクラスの往復航空券をお祝いとして手渡されました。行きたいと尋ねたところ、「なるべく高いところにしたいと思います」と笑顔。

これまでのプロセスを振り返ってみると、「一回挑戦しただけで成功できるわけじゃない。失敗と裏付けがあって、当たり前に見えるような成功がどれだけ難しい事かを帰ってきてすごく感じています」と、口にしました。

その考えを航空会社との仕事に結びつけ、「飛行機って普通に離陸して着陸してますけど、当たり前の成功の中にはたくさんの人達のサポートがあります」と頭を下げました。

社員からの拍手に「毎日喜ばせられていること、忘れません。幸せです」と、笑顔を振りまいていました。

ソチの時は「敵地」第2ターミナルに横断幕持って意地をみせる

画像出典:BIGLOBE ニュース

 

羽生選手とANAは13年7月から所属契約を結んでいたんですけど、契約後初のオリンピックであるソチ五輪では、羽生選手を含む選手団が14年2月25日の朝、なんとJALのチャーター機に乗って成田空港に帰国。

しかし、第1ターミナルを拠点とするANAは第2ターミナルの税関に「感動をありがとう」というANAロゴ入り横断幕でポジションを確保して羽生選手を出迎えました。

その点今回の平昌オリンピックでは、十分な露出に成功しました。18年2月26日、ANAのチャーター機で帰国した羽生を含むメダリストは、ANAのロゴが入ったパネルの前で写真撮影に応えています。

自分の日々の練習とANAの安全運航を重ね合わせる

画像出典:グノシー

2月27日ANA本社で開催された報告会では、羽生選手は自身の繰り返しの練習と、ANAの連日の安全運航を目標とする営業を重ね合わせながら

「成功することって1回挑戦したからできることじゃなくて、失敗があって裏付けがあって、当たり前のような成功をつかみ取ることが本当にどれだけ難しいかということを、ここに帰ってきて、すごく感じています。飛行機って、僕たち乗っているときは普通に離陸して、普通に着陸して...、それが本当に当たり前ですけど、そういった当たり前の成功の中には沢山、沢山の方々が、その当たり前のために働いて、その当たり前をすごくサポートしていて...。そういった当たり前のために、当たり前の成功のために尽力してくださっている方々がいる。そういう会社の人間のひとりとして、こうやって成功を持ってこれたのは、本当に喜ばしいこと」

という風に挨拶。約60人のスタッフは大きな拍手で応えていました。

広告