まるで別人!?「海月姫」出演女優のオタクぶりがすごすぎる!【放送終了】

2018年4月29日

広告

東村アキコ原作の漫画『海月姫』の同名ドラマが、1月15日(フジテレビ系月曜9時)より放送されています。主演は芳根京子で2 0 1 4年にはのんこと能年玲奈主演で実写映画化もされています。

初回の視聴率は8 . 6%と大台には乗らなかったものの、「再現度が高い」「ぶっ飛んだ演技が面白い」などと盛り上がっていてまずますの滑り出しではないでしょうか。今回は原作や映画との違いを踏まえてその魅力をご紹介します。

広告

今話題の海月姫のあらすじは?

『海月姫』はクラゲオタク月海(つきみ、芳根京子)が、瀬戸康史演じる女装大好きイケメン・鯉淵蔵之介と、その兄で政治家秘書でもある鯉淵修と三角関係になっていく流れを面白おかしく描いた恋愛コメディドラマです。

原作と同じように月海が鯉淵兄弟と知り合ったのをきっかけに、自分の殻を破ってステップアップしていく様子が描写されています。

また、映画版では2時間という時間制限があったので限界がありましたが、今回のドラマ版では各キャラクターの個性や人間関係も深く掘り下げて描かれているので、原作ファンのみならず映画で知った、という人も楽しめるストーリー展開になっているのではないでしょうか。

新月9ドラマ海月姫を彩る個性豊かな出演者

独特なストーリーと個性あふれるキャラクターがスポットライトを浴びている海月姫ですが、主な出演者はどんな顔ぶれなんでしょうか。

海月姫主演は朝ドラヒロインの「芳根京子」


映画版の「海月姫」では「のん」こと能年玲奈が主演でしたが、今回の新月9ドラマ「海月姫」でメインキャストを務めるのは、朝ドラ「べっぴんさん」ヒロイン役の芳根京子です。ドラマ「海月姫」の特筆すべき点のひとつは清純派イメージの強い芳根京子のはじけっぷり。

第1話で月海がみせた、まるでプロレスラーのようなヒップアタックや、映画『リング』での強烈なキャラクター貞子を彷彿とさせるような這いつくばりながらの白目など、今までの清純なイメージをくつがえすハジケ具合にまるで別人との声が多数上がっています。

個人的には他にも予想を裏切るような別人ぶりに期待したいですね。月9のメインキャスティングが初の芳根は、「本当にわたしが!?」と驚いたそうです。プレッシャーを感じながらも、「やるならめいっぱい楽しんで、この冬はクラゲ色に染まりたい」とプラス思考のメッセージを発表しています。

相手役の女装趣味のイケメンには瀬戸康史

『海月姫』で、月海と同じように大事なキャラクターが、鯉淵蔵之介です。蔵之介は誰もが認めるイケメンなんですが、女装という変わった趣味を持っています。そんな蔵之介がひょんなことから月海と知り合い、彼女と親交を深めていきます。

映画版では菅田将暉さんがこの役を演じているんですが、その女装姿が美しすぎるという賞賛の声が上がっていました。ドラマ版の瀬戸康史さんも負けず劣らず可愛いとの声が多数あがっています。

瀬戸さんは今回の月9初出演で、女装をする役ということもあって、6kgくらい減量したみたいです。キャラクターとしての蔵之介は親が政治家で、自分はその道に進む事を嫌ってファッション業界に進む事を目標にしています。

彼のこの思いが後に、月海の成長を助ける要因の一つになっていますので、今後も目が離せませんね。

内田理央と松井玲奈のはじけっぷりにも注目


メインキャストだけじゃなく今回のドラマはその脇を固める女優陣もみどころのひとつです。その中でも内田理央さんと松井玲奈さんの2人のキャラクターと演技は突出していて、顔は髪の毛に隠れて見えないんですが、そのせいかかなりの別人度です。

それから彼女たちが暮らすアパート天水館の土地を狙って枕営業するデベロッパーの「翔子」役の泉里香さんの役のハマり具合も見どころです。

海月姫の原作や映画との違いとは?

初めてドラマを見る方には違和感がないのかもしれませんが、原作を知っているファンの方からは戸惑いの声もあがっているようです。というのも原作では中年童貞エリートの修が兄で、女装癖のある弟蔵之介が大学生の設定なのに、ドラマでは逆になっているんです。

2014年に公開された映画版では原作通りの設定だったんですが、今回のドラマ版では出演俳優の年齢を考慮したのか兄弟設定が逆になっています。これが原作ファンからの反感の声の原因のようです。

個人的には完璧な超イケメンエリートの兄が実は童貞で女性に奥手だったり、一見普通のイケメン大学生が実は女装癖があったりと、その設定だけでも楽しめそうな感じではあります。

ただ原作を知っているファンからしてみれば、弟を優しくかばう兄の存在が面白かった、と言う風になっているのでしょう。原作では大人気の漫画ですが、この設定変更が今後のストーリー展開にどう影響してくるのかもみどころのひとつかもしれませんね。

広告