洗顔ブラシのおすすめは?おすすめの洗顔ブラシ6選と使い方大公開!

2018年7月26日

洗顔ブラシのおすすめ

毛穴が目立ったり、化粧残りが気になっていませんか?ニキビや角栓が気になる人も安心してください。今人気の洗顔ブラシを使えば解決するかもしれません♪洗顔ブラシはクレンジングの効果を高めたり、肌負担を少なくして汚れをクリアにしてくれる働きがあるんです。

今回はその特徴と選び方、おすすめのアイテムも紹介します。

洗顔ブラシの方がいいかも?というポイント

毛穴のつまりや開き、ニキビや角栓の原因がメイク残しだとしたら、洗顔ブラシがおすめです。洗顔ブラシの中には手で洗うのに比べて10倍の洗浄力があるものも販売されています。

しっかりメイクを落としておかないと、皮脂と混ざってしまって毛穴のつまりや開きの原因になったり、ニキビや肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。でも、手洗いだとしっかり落とそうとしてついついゴシゴシ洗いになりそうですよね。

そうなると逆に肌に負担をかけていまいますけど、今回おすすめする洗顔ブラシなら肌に負担をかけずにしっかり洗い流してくれるんです。

洗顔ブラシのQ&A

もしあなたが考えている悩みを洗顔ブラシが解決してくれそうなら、おすすめするポイントを紹介していますので使ってみてはどうでしょうか?ネット上でもよく聞く疑問を紹介します。

洗顔ブラシってゴシゴシして痛そう

ただでさえデリケートな顔の皮膚にブラシって・・・。痛いんじゃない?と考える人も多いと思います。でも実際には洗顔ブラシに使われているブラシの毛というのは、髪の毛よりも細いものがほとんどで、さわるととても柔らかいんです。

洗顔ブラシは肌に悪い?

痛そう、という疑問と似ていますけど、ネット上では「肌によくない」という記事もみかけます。でも考えてみてください。きちんとした使い方をすれば髪の毛のように柔らかなモノでソフトに洗って悪いわけがないと思います。

注意点としてはブラシを使う時は押し付けずに使う、1日1~2回程度にする、スクラブ入の洗顔とは一緒に使わない、という事くらいでしょうか。よほど手でゴシゴシ洗った方が肌に悪いと思います。

おすすめの洗顔ブラシには電動と手動がある

洗顔ブラシ2種類あって、電動と手動があります。それぞれに特徴があっておすすめなんですけど、自分にあったものを選んで使ってみてはどうでしょうか。

電動洗顔ブラシ

おすすめする特徴としては、高い洗浄力と手間がかからない事があげられます。手で洗っても落としにくい毛穴の汚れもしっかり浮かせて落としてくれます。泡立てるのも電動ですから時短が可能で、手間をかけずに洗いたい方にはオススメです。

手動洗顔ブラシ

対象的に手動の特徴としては、電動にくらべて泡立てに少し時間がかかるものの、ボールなどで濃密な泡を作れます。また手軽に買える値段もおすすめするメリットのひとつです。

電動洗顔ブラシを選ぶときのポイント

最初に電動洗顔ブラシ選びのポイントを紹介します。

洗浄力

洗浄力の高さを見極めるポイントは、音波式か回転式かという事です。音波式は値段が高い傾向にありますけど、反面毎秒数百回という音波振動で汚れを浮かせて落とします。

対して回転式はブラシを回転させて洗浄する方式で、比べると価格は安いですが洗浄力は一般的に劣ります。どちらもそれぞれおすすめのポイントがありますけど、値段と洗浄力のバランスを考えて選びましょう。

肌への優しさ

洗浄力+肌へのやさしさが大事ですから、ブラシの素材や強弱の調整ができるかもポイントです。

衛生面

洗顔ブラシは毎日使いますし、肌に触れて水を使うので衛生的にお手入れができなくてはいけません。水はけも大事ですし、しっかり乾かしておかないと雑菌が繁殖してお肌に悪影響を与えてしまいます。

付属機能

汚れを落とすのはもちろんですけど、選ぶ決め手がない!という人は付属の機能も考えてみましょう。自動泡立て機能や肌質にあわせてブラシを交換するなど、それぞれ見比べてみましょう。

ランニングコスト

1回使えば終わりというわけではありませんので、ランニングコストも大事なポイントです。維持費といえるものは電池代(電気代)と交換のブラシ代くらいです。おおよそ3,000円から6,000円くらいまで幅はありますけど、どれくらいで交換が必要かも含めて考えましょう。

電動洗顔ブラシのおすすめ

次におすすめの電動洗顔ブラシを紹介します。

おすすめ電動洗顔ブラシ①ビザピュアアドバンス

1台で洗顔、フェイスマッサージ、アイケアが本格的にケアできます。まずは洗顔ですが、洗顔にブラシを使用するのは初めてでしたが、これがなかなか気持ちがいいです

洗顔ブラシは初めて使用しましたが、もっと早く買っておけばよかった!と後悔しています。手で洗うよりも肌がツヤツヤ、すべすべに仕上がります。

引用元:cosme.net

おすすめ電動洗顔ブラシ②アレティ洗顔ブラシ

洗顔ブラシ、ボディブラシ共に初使用です。
まず、洗顔ブラシですが、毛がとても柔らかく、手にはない機械的な気持ちよさを感じました。

すべての種類使用しました
ボディブラシは洗い上がりがツルツルになりました…!
ちょっと楽しいです(*^^*)

引用元:amazon.co.jp

おすすめ電動洗顔ブラシ③FOREO

オイリースキン用を購入。美容家電コーナーでピックアップされていて知りました。ちょっとお高いだけに、思い切って買ってよかったアイテムです!

使い始めて半月 肌の質感が変わってきたのを触ってみて感じます。やはり、クレンジングは大切ですね。お風呂に浸かりながら 弱で優しく 肌に押しつけない程度に念入りに磨きます。

引用元:cosme.net

手動洗顔ブラシを選ぶときのポイント

電動に比べてシンプルですけど、だからこそこだわらなくてはいけないポイントを紹介します。

毛の素材

天然毛と化学繊維の2種類があります。天然毛は動物の毛が原料ですけど、毛先が細いので毛穴の奥まで届きます。化学繊維のものも毛先は丸く加工されているので強い力をいれなければ問題ありません。

値段は天然毛のほうが高い傾向にありますけど、肌トラブルを考えたら天然毛の方が無難かもしれません。また、マッサージ効果を期待するのであれば、ある程度の硬さは必要ですので比較検討が必要です。

持ちやすさ

取っ手部分が持ちにくいと、適度な力加減でブラッシングやマッサージングが出来ないのでうまく洗い流す事ができません。泡立てにくいというのもありますので、持ちやすいハンドルのものを選びましょう。

肌質に合わせて選ぶ

肌質によっては手動の洗顔ブラシでもあわない人もいます。実際には使ってみなければという部分もあると思いますけど、しっかり自分の肌質を考えて肌トラブルが起こりにくいものを選びましょう。

手動洗顔ブラシのおすすめ

おすすめ手動洗顔ブラシ①熊野化粧筆 ハート型洗顔ブラシ

洗顔ネットで泡立てると、大き目の泡がこんもりと出来るのですが、
こちらを使うときめが細かい泡が作れました。
肌にのせて滑らせると、毛質が細かくて優しいので毛穴がしっかり綺麗になります。
ドラッグストアーで買った洗顔ブラシと比べると全然違います!

今まで手で洗ってたのがバカみたいです。泡がモコモコで凄く気持ち良いです。鼻の毛穴中心に洗ってます。

引用元:amazon.co.jp

おすすめ手動洗顔ブラシ②タウハウス 洗顔ブラシ

これを利用してから肌のザラザラ感がなくなり、化粧水の浸透もあがりました!価格も手ごろだし、お手入れも簡単です。毎日つかっても問題なし。これからずっと使います!

気になってた黒ずみには一回目の使用で効果覿面でした。頑固な黒ずみなので、まったくなくなるわけじゃないけどかなり薄くなってたのでほんと嬉しかったです。今まで黒ずみ対策のいろんな小物やクレンジングを使ったけど、これが一番即効で効果が現れました。

引用元:cosme.net

おすすめ手動洗顔ブラシ③アルティ 洗顔ブラシ

5年ほど愛用しています。これを使うようになってすぐ、毛穴の黒ずみが早い段階で綺麗になるのがわかり即効性のある効果が嬉しかったです。

おでこの脂漏性皮膚炎が、このブラシで洗顔するようになって治りました。皮脂もメイク汚れもきれいに落としているんだと思います。

引用元:cosme.net

洗顔ブラシ・まとめ

いかがでしたか?お肌トラブルを防ぎながらしっかり肌の汚れを落として、マッサージ効果も含めたおすすめの洗顔ブラシを紹介してきました。選ぶポイントも参考にしながらぴったりの洗顔ブラシを使って美肌をゲットしてくださいね♪

人気のクレンジングと選び方♪デパコスなみにスゴイ!