ヘアケアで髪の乾燥を防ごう♪これで安心冬場の髪の乾燥対策☆

広告

冬の髪の乾燥予防とヘアケア冬は空気が乾燥してお肌もガサガサになりがちですよね。実はお肌だけじゃなく、髪もパサついたり乾燥したりとトラブルが起こりがちです。乾燥すると枝毛や切れ毛の原因にもなりますし、ひどくなればフケやかゆみの可能性もでてきます。そうならないように冬の髪の乾燥対策が必要ですよね。

特に年末年始はイベントやパーティーなど、お呼ばれや人に会う機会も増えてきます。せっかくのオシャレが髪でマイナスにならないように、これからしっかり準備しておきましょう。

広告

冬場に髪が乾燥しやすい原因を知ろう

 

View this post on Instagram

 

ぽんさん(@boku_su_ka_pappu)がシェアした投稿


冬に髪がパサパサになりがちなのは、湿度の低下もありますけど、それに加えて室内で暖房を使う機会も増えてくるからです。また、お風呂に入る時も、寒いので普段より温度を高めに設定して髪を洗う人も多いんじゃないでしょうか。実は必要以上に高い温度のお湯で髪を洗うと、必要な油分や潤いを洗い流してしまうんです。

こういったいくつかの原因が重なると髪のキューティクルが剥がれてやすくなります。剥がれた隙間から潤いが逃げ出す事で、髪がパサついて広がり、まとまりにくくなります。最終的には切れ毛や枝毛が発生しやすくなってしまいますし、かゆみやふけの原因にもなります。さらには冬は気温の低下とあわせて頭皮の血行が停滞気味です。

しっかり潤いを保つような対策を立てていきましょう。

髪の乾燥を防ぐためのヘアケア①ドライヤーを正しく使う

 

View this post on Instagram

 

Ayaka Sasakiさん(@ao_chaso)がシェアした投稿


ドライヤーを使って髪を完全に乾かしている人はいませんか?髪は乾かし過ぎると表面のキューティクルが剥がれてしまうので、乾かしすぎないようにするのがポイントです。キューティクルは髪の保湿をする役割もあるんですけど、一度傷ついたキューティクルは再生できませんので大切にしましょう。

また、ショートヘアなど短めの髪という理由や、ドライヤーは髪が痛むと思い込んで自然乾燥している人はいませんか?実はその逆で、濡れた状態の髪はキューティクルが開いていて、痛みやすい状態です。ですからまずはじめに、ヘアオイルなどを乾かす前に髪全体になじませて、タオルを使ってソフトにたたくようにして水分を吸わせます。

ドライヤーはできれば20cm以上離して、根本から毛先の順に時間をかけずに乾かすように心がけましょう。最期に冷風にチェンジしてキューティクルをしっかり閉じてあげます。8割くらい乾いたな、と感じたら乾かすのをやめて自然に乾燥させます。

髪の乾燥を防ぐためのヘアケア②シャンプーは念入りに泡立てて

 

View this post on Instagram

 

Regrowthさん(@regrowth_japan)がシェアした投稿


濡れた髪にシャンプーをじかにつけて洗っていませんか?実はその洗い方は髪によくありません。濡れた髪がこすりあうとキューティクルが剥がれやすくなって、髪にダメージを与えてしまうそうです。そうならないように、適量を手にとってしっかり泡立てた状態で、洗うようにすると効果的です。

髪の乾燥を防ぐためのヘアケア③保湿力のあるアイテムに変える

髪が乾燥しやすくなるこれからの時期は、その乾燥から髪を保護してくれる機能のあるシャンプーやリンス、コンディショナーやトリートメントに変えてみてはいかがでしょうか?リンスやコンディショナーと、トリートメントは同じ様に思われがちなんですけど、実は機能が違うんです。

リンスやコンディショナーは髪の表面に吸着するものなんですけど、トリートメントは髪の内部に浸透していくものなんです。ですから髪の乾燥が気になるなら、しっかりと”トリートメント”と記載されているものを選びましょう。

また、時間に余裕がある場合はホットタオルを使って髪に巻いた状態で5分ほど放置しておくと、髪に保湿成分がしっかり浸透するのでおすすめです。

髪の乾燥を防ぐためのヘアケア④入浴中・入浴後のケア

 

View this post on Instagram

 

岡本静香さん(@shizucat)がシェアした投稿


寒さによる頭皮の血行不良が、髪に栄養を行きにくくする原因のひとつ、というお話はしました。その血行不良を改善するための方法としてマッサージがあります。入浴中に頭皮を頭の下から頭頂部に向けて持ち上げるイメージで、優しくマッサージしていきましょう。指の腹を使って刺激してあげると効果的です。

それにより血行が促進されて栄養が行き届きやすくなって、健康な髪が育ちやすくなります。また、普段は忙しくてシャワーだけの人も、毎日じゃなくてもいいので定期的に湯船につかるようにしましょう。これにプラスして、ヘアオイルやクリームを髪につけるのもおすすめです。

こういったアイテムは乾燥によって髪に不足しがちな油分を補って、表面をコーティングすることで水分を外に出にくくする働きがあります。また、髪の内部の傷んだ部分の補修を行ったり、ドライヤーの熱から髪を守ってくれたりもします。静電気を抑えてくれる効果もあるので、特に冬場にはもってこいですね。

ヘア”オイル”はベタつくのでは?と思う人もいるかもしれませんけど、しっかりと適量を守って使えばそんな事はありません。しっとりとしていて保湿力も抜群です。オリーブオイルやホホバオイル、椿油などが有名で、天然成分が含まれているものがおすすめです。

髪の乾燥を防ぐためのヘアケア⑤食生活と十分な睡眠

ヘアケアには睡眠が必要髪のもとになるのは”タンパク質”です。ですからタンパク質をよく摂るようにして、バランスのいい食事を心がけましょう。そうする事で乾燥に負けない健康な髪を育てることができます。また、ツヤのある髪をつくるためには油分も必要です。植物性・動物性どちらがいいという訳ではありませんけど、偏りのないようにしましょう。

油分が足りないと髪の毛をコーティングしている皮脂も不足して、パサつきやすい髪になります。もう一つ大切なのが睡眠です。睡眠不足は血管の収縮の原因にもなり、頭皮に栄養が行きにくくなって髪の毛が細くなったり弱くなったりします。しっかりと良質な睡眠をとるようにしましょう。

髪の乾燥を防ぐおすすめヘアケアアイテム

髪の乾燥を防ぐポイントを紹介してきました。最期におすすめのヘアケアアイテムを紹介します。

ダイアンボタニカル ホイップシアバターシリーズ

 

View this post on Instagram

 

ダイアンボタニカル/Diane Botanicalさん(@dianebotanical)がシェアした投稿


BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルヘアオイル モイスト

 

View this post on Instagram

 

nontaさん(@nonchan_0418)がシェアした投稿


ロレアルパリ エルセーヴ エクストラオーディナリーオイル エクラアンペリアル

 

View this post on Instagram

 

♡Airi♡さん(@airi__koizumi)がシェアした投稿


大島椿 大島椿(ツバキ油)

 

View this post on Instagram

 

ななみ 懸賞*モニターさん(@nanami7737_)がシェアした投稿


中野製薬 グラマラスカールN オイルエッセンス ライト


ヘアケアで髪の乾燥を防ごう♪~・まとめ

いかがでしたか?秋も深まってこれから本格的な冬を迎えて寒くなってきますよね。冬の乾燥で髪ダメージを防ぐために、適切なヘアケアを紹介してきました。どれも簡単にできるので、自分なりにチョイスしながらキレイな髪を守っていきましょう♪

天使の輪はドラッグストアのトリートメントでつくれるらしい♪

スーパーフードラボのシャンプー♪人気のスカルプシャンプーの特徴は?

広告