朝食抜きで痩せるのは嘘?食べてもキレイに痩せるコツ

2018年9月16日

広告

朝食抜きダイエットはNG

シンプルなダイエット法として人気の朝食抜きダイエットですけど、なぜか人気なのに賛成と反対で意見がわかれています。あなたは手軽にできるとういだけで、安易に朝食抜きで痩せると考えていませんか?実は朝食を制限をすればデメリットのほうが多いんです。

今回は朝食をしっかりとる事で起きるダイエット効果を紹介します。

広告

朝食抜きで痩せるかも?でも朝食は食べた方がいいんです

基本的な事になりますけど、ダイエット中は朝食は口にする方がいいんでしょうか?

ダイエットしているから食事を制限してカロリーオフしたい、そんな考えから朝食を食べない人も多いですよね。でも朝食を抜いてしまうとおなかが減ってしまって、結局いつもより昼食を食べすぎてドカ食いになりがちです。

その反対にしっかりと朝食を食べておくと、寝ている間に下がった体温が上がって、エネルギー効率もよくなるそうです。その結果1日中脂肪が燃えやすい体に変化します。

朝食抜きで痩せるより、朝食の中身に気をつける

朝食抜きで痩せるのではなく中身に気をつける

朝食を摂ることで、ダイエット中の体には有難い変化が現れてきます。でも食べすぎてはいけません。必要なのは、体を起こして活性化させる事なんです。そうは言ってもそんなにたくさん食べられないという人は、ヨーグルトやバナナといったフルーツを食べるだけでもOKです。

バランスのいい朝食を摂取することが一番いいんですけど、ちょっと口に入れるくらいでも、全く食べないよりは効果があります。そのポイントをいくつか紹介します。

朝食を抜いて痩せるより、炭水化物を控えめに

朝食に限らずご飯派とパン派に分かれると思いますけど、ダイエット面で考えるとお米の方が水分を多く含んでいるので、血糖値の上昇を抑えてくれます。それと同時に脂肪の吸収を抑制する働きもあるのでご飯をオススメします。

さっきも書いたように食べ過ぎは禁物なので、いつもの半分の量をしっかりとかんでゆっくり食べましょう。逆を言うと朝食を食べないと胃腸の働きもにぶいままで、便秘の原因になったりボーッとして集中力散漫になったりします。

朝食抜きではなく炭水化物を控えめに

それから朝食をしっかりとっておくと昼食の時のおなかの空き具合も変わってきます。前日の夕食からの空腹時間が長ければ長いほど、体が飢餓状態になって脂肪をため込もうとします。結果的に適切に朝食を摂ることがダイエットの必要な要素のひとつという事になります。

栄養バランスに気を付けて、朝食は抜かずにしっかり痩せる

朝食には糖質が少なめで食物繊維が豊富な食材をバランスよく取り入れれば不足しがちな栄養素も補給できます。デザートにリンゴやオレンジといったフルーツ系を加えるのもビタミンが摂取できるのでおすすめです。卵や魚などのタンパク質をメニューに加えるのも忘れずに。

朝食の食べる順番を考えて、抜かなくても太りにくく

どんな食材を朝食で食べるのか?というのも大事なんですけど、食べる順番も考える必要があります。まず野菜などの食物繊維を食べて、その後に魚肉や卵といったタンパク質、最後にパンやご飯などの炭水化物とフルーツ系の糖質という順番がいいようです。

何を食べるか?という事と、どんな順番で食べるか?に気をつけていけば、継続する事で痩せやすい体質に変化していきます。


いかがでしたか?ダイエットのために朝食を抜くよりも、しっかりバランスのとれた朝食を食べる事で、脂肪が燃えやすい・痩せやすい体質になっていくなんてスゴイですよね。ちょっと早起きして、ゆっくり朝食をとる習慣をつけてキレイなボディをつくりましょう♡

ダイエットしない、痩せる体質の5つの習慣

見直そう!ダイエット失敗の4つの理由

決定版!3つのダイエット継続ポイント♪

太りにくい揚げ物食べたくありませんか?

広告