食べ過ぎ注意!話題のハイカカオチョコレートで健康被害に!?

2018年4月9日

画像出典:think-various.com

日本人に人気の高いチョコレートですけど、健康ブームの影響を受けてチョコレートの健康効果についても関心が高まっています。ハイカカオチョコレートは独特の風味が特徴ですけど、摂りすぎると健康を害する可能性があるのはご存知でしたか?

今回はハイカオチョコレートのメリットとデメリットを紹介します。

ハイカカオチョコレートって?

画像出典:karacare-media.com

カカオの含有量が70%以上のチョコレートを「ハイカカオチョコレート」と呼ばれています。

普通のチョコレートとの違いは?

  • 甘くなくて、苦いとか酸っぱい味がする
  • イメージしているチョコとは違う
  • 腹痛を感じる人もいる

普通私達が食べている甘いチョコレートとは違って、「美味しい!」と言えるチョコレートではなさそうです。ただ、昔から良薬口に苦しなんて言うので、健康効果はありそうです。

ハイカカオチョコレートの効果とは?

画像出典:benpeace.com

一般的に言われているハイカカオチョコレートの健康効果には次の5つがあります。

  • 便秘の解消
  • 血管を強くする
  • 老化を緩和・遅くする
  • 高血圧の改善
  • 認知症を発生しにくくする

一見すると健康にいいメリットばかりなので、甘くないチョコレートという感じで、薬だと思えば食べすぎてしまいそうですね。

ハイカカオチョコレートを食べる際の注意点とは?

画像出典:amccrh.com

健康ブームでいくら体に良くても、食べ過ぎは体によくないというのはどんな食品でも言われていますよね。ハイカカオチョコレートも同じで、過剰摂取は健康によくない事がわかっています。

  • カカオに残留農薬がある
  • カドミウムやニッケルなどの金属が含まれていることもある
  • 普通のチョコレートに比べて脂質が多い

残留農薬や金属は体外に排出されずに体内に残ってしまうので、それがいろんなトラブルの原因にもなっています。また、ダイエットをしている方には脂質が他のチョコレートよりも多いので、注意が必要です。


ハイカカオチョコレートは、健康と美容の面で素晴らしい効果が期待できますけど、食べすぎないように注意が必要です。カロリーや脂質の関係もあるので、板チョコの場合は1日3〜5個にして適量を保ちましょう。

ダイエットの基本は基礎代謝を知ること

「有酸素運動は20分以上じゃないとダメ!」は嘘?ダイエットに効果的な有酸素運動って?

決定版!3つのダイエット継続ポイント♪