ボディファンデーションで毛穴も黒ずみもなかった事に!

2018年7月25日

 

毛穴や肌の黒ずみを気にする女性

暖かくなってくる春や夏は薄着になりますし、それ以外にも結婚式やパーティーといったイベントごとには露出の多いファッションになりがちですよね。 でも、そういうファッションをしたくても、黒ずみや毛穴が気になってなかなかできないという人も多いんじゃないでしょうか。

肌が気になってしまえば好きなファッションを楽しむ事ができません。あなたのそんな悩みを解決するのがボディファンデーションです。

全身OKのボディ用ファンデーションの特徴

普通のファンデーションの経験はあっても、ボディファンデーションは未経験という人は多いかもしれません。ボディファンデーションはもともと映画やドラマ、舞台などで肌のキズやあざを隠す仕事道具として使われてきました。

でも最近はそれにくわえて、黒ずみやニキビあとなどを隠せるという理由で一般の女性にも愛用者が増えてきているんです。今は全身美容の時代です。うまくポイントをおさえて使えば、ボディファンデーションで簡単に美脚やキレイな腕をつくれます♪

同じファンデーションでも顔用と体用は違う

ボディーファンデーションは文字通り体の肌の色を整える体専用のファンデーションです。顔と同じように毛穴やくすみを隠してくれるので、顔用でも同じじゃないの?という人もいるかもしれません。でも顔用と体用には2つの違いがあるんです。

1つ目は汗や水に対する強さが体用の方が強い点です。顔に比べて体は汗をかきやすい部分が多く、顔用を使ってもすぐにぐちゃぐちゃになる可能性が高いんです。 もう一つは体用の方が伸びがいい、という点です。面積が広いですから、顔用よりも伸びが良い体用を使った方がコスパがいいんです。

また、全身用のボディ用ファンデーションも種類がいろいろあるので、目的にあったものを選んで使うといいですよ♪

アウトドアは「ウォータープルーフタイプ」

基本的にボディーファンデーションは汗や水に強いんですけど、ウォータープルーフタイプならさらに安心です。アウトドアで活動して汗をかく可能性が高い時や、水にぬれるかも?という時は意識して選びましょう。1日中外にいても汗や水で崩れにくいので安心です。

イベントは「色移りがしにくいタイプ」

色移りがしにくいタイプは、さらっとしてベタつかないのが特徴です。長い時間つけていても快適に過ごせますし、お気に入りの洋服や高めのドレスなどを着ていても安心です。 結婚式やパーティーなどでは色移りが目立ちやすい白や黒系がメインになると思いますので、特にぴったりです。

人と会う時は「消臭タイプ」

ボディファンデーションには消臭タイプのものがあって、肌の気になるところをカバーするだけじゃなくて、匂いの消臭効果もあります。ですからデートや食事、合コンといった人と間近で会う機会には使う事をオススメします。

脇用でも膝や肘にも使える?

脇は体の中でも汗をかきやすい部分なので、脇専用のファンデーションもあります。カバー力が強いので肘や膝といった曲がる部分で使えるケースもあります。ただし、その場合は商品の内容説明で使える部位が記載されていると思いますので、実際に使えるかどうか、しっかり確認が必要です。

ボディ用ファンデーションの使い方

ボディファンデーションも顔用と同じ様にしっかり保湿しておくことで、色むらを防止してファンデーションののりが良くなります。カバー力が高いので厚塗りになってしまうと不自然なので、薄く伸ばしながらスポンジを使ってなじませていきましょう。

仕上げにボディパウダーを使うとサラサラになって洋服へ色移りがしにくくなります。ベタつくこともなくて、快適に過ごせます♪

おすすめボディファンデーションを2つ紹介♪

ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション

SNSで話題のファンデーションが気になり、TUして貰いました。数ある色の中から、私の肌にピッタリの色を選んで貰えて満足。リキッドだけど重た過ぎず、肌にピタっと馴染む感じ

今までダブルウェア使っていて重いな…と感じて見に行きましたBAさんがこちらをオススメしてくれてTUしてくれたら感動しました!ピタってくっつくのに重くないし崩れにくい高カバー力

引用元:cosme.net

エアーストッキング ダイヤモンドレッグス ブロンズ

使用してみると少し色が濃いような気がしたけど 薄く馴染ませたら自然になりました つやがあるので毛穴や傷が目立たなくなります

すごくいいです!程よいパール感があり色も均一にできることで、脚を細く見せてくれる効果も?! お値段は高めですが、ミニをはく時に使用すれば頻度もおさられ、大満足です。

引用元:amazon.co.jp


いかがでしたか?全身に使えるボディファンデーションの特徴や選び方、使い方とオススメを紹介しました。肌を露出する機会が増えるこの時期には大切なアイテムですよね。参考にして自分にぴったりのボディファンデーションを探してください♪

素材の違いで変わる!肌にやさしいボディタオルの選び方

それはダメ!美肌を壊す5つのダメな癖