あなたの下まつげのマスカラの塗り方は、きっと正しくない。

2019年5月11日

まつげ マスカラ

acworksさんによる写真ACからの写真

決して全否定しているわけではありません。普段マスカラを使ってる人は多いと思いますけど、下まつ毛のマスカラって落ちやすいですよね。でもちゃんとした「塗り方と選び方」をすれば顔の印象をよく見せることができるんです。

下まつげのマスカラメイクは難しいですけど女性はメイクで印象が変わるので、参考にしてみてくださいね。

オペラはリップだけじゃない!マスカラもスゴイって知ってた?

下まつげにマスカラでどう変わる?

画像出典:matome.naver.jp

上まつ毛にマスカラを塗ってメイクする人は多いと思いますけど、下まつ毛は短くいし少しなので塗っても同じだと思っていませんか?でも、それって大きな間違いなんです。下まつ毛にマスカラを塗ると顔の印象が大幅に変わります。

例をあげれば下まつ毛にマスカラを塗るとまつ毛が長く見えるので、顔の下半分が狭く見えて小顔効果があります。ナチュラルに目が大きく見えたり、顔のパーツの重心が少しだけ下がって見えるのでかわいらしい印象になります。

下まつ毛のどこにマスカラでアクセントをつけるかで変わってくるので、やらない手はないですよ♪

キレイな下まつげの下準備

画像出典:hachi8.me

最初にスキンケアをして、マスカラを塗る前には軽くティッシュで拭きながら目元の油分をしっかりと落としましょう。ベストなのは肌をサラサラにしてマスカラを塗りやすくするために、フェイスパウダーやアイシャドウで下地をつくっておくことです。

そしてマスカラを塗る前に、スクリューブラシを使ってまつげをキレイにとかしておくと塗りやすくなります。フェイスパウダーやアイシャドウには油分が含まれていないケースが多いので、まつ毛に触れないように塗っておくとマスカラが落ちにくくなります。

これが基本的な下まつ毛のマスカラメイクのテクニックです。さらにより目元をぱっちりさせたいという方は、下まつげ専用のビューラーで下まつげをしっかりカールしておくとOKです。

下まつげ用マスカラテクニック

基本的な流れは次のようになります。

①スクリューブラシを使って丁寧に下まつ毛をとかす。

②マスカラがたまっていたらティッシュを使って拭き取る。

③下まつ毛の根本から先端に向けて放射状に塗る。

④縦向きにかえて1本ずつ塗る

目元を大きく見せたい時は真ん中を2回塗りします。横幅を広く見せたい時は目尻に2度塗りする。

使うのはフィルムタイプのマスカラ

画像出典:cosmehada.hatenablog.jp

マスカラにはいろんな種類があります。オススメするフィルムタイプのマスカラの特徴は、水に弱いかわりに皮脂には強いことです。

なのでマスカラが落ちるのを防ぐために、ウォータープルーフタイプを使っているのに落ちる、にじむというという人は、皮脂が原因のケースもあるのでフィルムタイプを試してみてください。

塗る時にスプーンを使う

スプーンを使ってマスカラを塗る?と不思議に思ったかもしれませんけど、かなり便利なんです。スプーンを下まつ毛の下に添えてその上からマスカラを塗ると、下まぶたにつかないのでキレイに塗れます。スプーンの丸みが下まつ毛にフィットするので誰でも簡単にできます♡

歯間ブラシがかなり使える!

[amazonjs asin=”B072C34KFN” locale=”JP” title=”【まとめ買い】小林製薬のやわらか歯間ブラシ 極細タイプ SSS-Sサイズ ゴムタイプ 40本×2個 (リーフレット付き)”]

歯間ブラシを使えば小さいブラシ状なので、マスカラを1本1本丁寧に短い下まつ毛でも塗ることができます。下まつ毛専用マスカラを使うほうがキレイに仕上がりますけど、今のマスカラが好きな人はこの方法で試してみてください。

パンダ目対策にはトップコート!

画像出典:item.fril.jp

トップコートを塗れば通常のマスカラにもウォータープルーフ効果がプラスされます。それからマスカラの繊維を上からコートいして、落ちにくくしてくれるのでオススメです。トップコートは透明で見えにくいものが多いので、塗りすぎないように注意が必要です。

オススメのマスカラ

オペラ・マイラッシュアドバンスト

[amazonjs asin=”B06WP5D9QZ” locale=”JP” title=”オペラ マイラッシュアドバンスト 5g”]

このオペラのマスカラは「お湯落ち」で「カール力」もある!
もちろん、ウォータープルーフタイプのカール力と比べると落ちますが
それでもこれだけのカールキープ力があれば問題ありません。

最近は安くていいの出てるんですね。どんどんマスカラの値段が、上がってっちゃうんじゃないかと思ってたのでありがたい。自然にキレイなロングになるので気に入ってます。

引用元:cosme.net

デジャヴュ・ファイバーウィッグ ウルトラロングF

[amazonjs asin=”B00P21NMMU” locale=”JP” title=”デジャヴュ ファイバーウィッグ ウルトラロングa1 ピュアブラック”]

落としやすいし、にじんだりしないし、塗りやすいしとっても好きです!パンダになりやすいのにこちらだと全くありません!なのに本当に落ちやすいところも好き!

何年も前に使っていましたが、再び試しに使ってみました。テクスチャはこれまで使ってきたものの中で一番粘度があるように感じました。

引用元:cosme.net

クリニーク・ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ

[amazonjs asin=”B00GXVWCQ0″ locale=”JP” title=”クリニーク ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ 【04 ダークチョコレート】 【並行輸入品】”]

趣味のフィットネスで大汗をかいても、落ちないです。素晴らしい。そして、まつげが綺麗に長くなります。

ダークチョコレート使用です。名前の通り少し黒みがかったブラウンです。細めのブラシで塗りやすく、目頭などの短いまつ毛もしっかりキャッチしてくれます。

引用元:cosme.net

下まつげのマスカラの塗り方・まとめ

下まつ毛の仕上がり具合で顔の印象はずいぶん変わってきます。キレイにマスカラを塗るための下準備やテクニックを紹介してきましたけど、華やかな目元を演出するために参考にしてみてくださいね。