ミネラルファンデーションのおすすめは?人気の秘密と選び方を大紹介!

2018年9月30日

広告

ミネラルファンデーション

画像出典:amazon.co.jp

メディアでも取り上げられることが増えてきた「ミネラルファンデーション」というのはご存じでしょうか?ミネラルファンデーションはアメリカで生まれて人気が高まって、日本でも肌に負担をかけないファンデーションとして人気を集めています。

でも、なんとなく「肌にいい」というのはわかっていても、ミネラルファンデーションはどんなものなのか?なぜ肌にいいのか?というのは知らない人も多いと思います。そこで今回はミネラルファンデーションの基礎知識を紹介します。

それぞれの特徴やおすすめ商品も紹介するので参考にしてください。

目次

広告

ミネラルファンデーションって?

ミネラルファンデーションはいつからあるの?

ミネラルファンデーションの歴史

ベアミネラル創業者のDIANERANGERが、1976年アメリカのサンフランシスコで開発したのがはじまりです。粉末状になるまで細かく砕いたミネラル(鉱物)だけでできていて、名前もミネラルメイクアップと呼ばれていました。

その後手術後の傷跡を隠したり、やけどの痕にも使える化粧品ということで病院で使用され、それがハリウッドセレブの間で評判を呼んでメジャーになりました。いまではミネラルメイクアップ(MMU)という一つの市場ジャンルが出来上がっています。

日本でミネラルファンデーションが話題になったのは?

外国ブランドはどうしても日本人の肌に合わないことも多く、すぐには認識されませんでした。そこでもともとベアミネラルの輸入代行をしていた美容家電ヤーマンが日本人の肌にあうように改良を加えて2007年ごろに販売を開始しました。

その後日本産のミネラルファンデーションが数多く生まれていき、自然派ブームの影響もあって少しずつミネラルファンデーションが注目されるようになったようです。

ミネラルファンデーションの主成分

ミネラルファンデーション成分の種類

画像出典:ミネラルファンデーション比較.net

「ミネラル」とだけ聞くと身近に感じるのではないでしょうか。身の回りにある天然の鉱物で聞いたことのある名前もあります。「ミネラルファンデーション」はその鉱物を主原料にしていて、よく使われているものは次の通りです。

1、酸化チタン(二酸化チタン)

白色の顔料で、高いカバー力と密着力でファンデーション等に使われています。紫外線を反射するのも特徴です。

2、マイカ

火成岩や変成岩などに含まれています。キラキラと輝いていて、ファンデーションからアイシャドウまで幅広く使われています。

3、酸化亜鉛

炎症を抑えたり肌のひきしめ、紫外線防止といった効果があります。火傷治療薬の亜鉛華軟膏の主成分でもあるので、化粧品だけではなく医薬品としても幅広く使われています。

4、酸化鉄

メジャーな顔料で古くから化粧品の色づけに使われてきました。鉄に熱を加えて変色させて安定させたものです。

ミネラルファンデーションの選び方

海外では合成着色料や合成香料を含まないなど5項目が認知されていますけど、現在国内にはしっかりとしたミネラルファンデーションの定義がないので、「ミネラルファンデーション」といってもすぐに安心はできません。

選び方①肌ストレスの少なさ

肌に負担をかけないようにと心配されている方は、主成分がミネラルオンリーのものを選びましょう。石けんだけで洗い流せますし、デリケートな肌の方やオイリー肌の方にオススメです。

選び方②使い勝手の良さ

手軽で化粧直しも楽チンなのがプレストタイプです。混合肌の人はワンポイントの化粧直しにもOK。乾燥しやすいデメリットもありますけど、ミネラルの他に植物エキスなど自然素材の保湿・美容成分が入っているものなら安心です。

選び方③なんといってもカバー力

リキッドやクリームタイプのファンデーションならカバー力も問題ありません。ドライ肌の人でもOK。ただしリキッドやクリームタイプのものは石鹸で洗い流せないタイプもあるので成分には注意が必要です。

なぜお肌にいいの?

強力なクレンジングと2度の洗顔は、本来肌が必要としているうるおいも洗い流すので、いろんな肌トラブルの原因にもなっています。そのため「石鹸だけ」で洗い流せるミネラルファンデーションに人気が集まっているんです。

ミネラルファンデーションの種類

現在販売されているミネラルファンデーションにもたくさんの種類があります。

純粋に「ミネラル成分配合」だけのミネラルファンデーション

顔料がミネラル成分でも、その他にもポリマーやシリコンなどが配合されているので、普通のファンデーションとあまり違いがありません。石鹸だけでは洗い流せないので名前だけの「ミネラルファンデーション」かもしれませんね。

全部ミネラルのミネラルファンデーション

オールミネラルのファンデーション。軽いつけ心地も軽くてクレンジングも必要ありません。シンプルで肌への負担が一番少ない反面、デメリットとしては使用感・カバー力などに物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

ミネラルと美容成分でできたファンデーション

オールミネラルのものに比べると、使用感やカバー力がいいものが多いようです。主にプレストタイプやリキッド、クリームタイプに多くあります。

石けんで落ちるか?という大事なポイント

洗顔で落とせるミネラルファンデーション

画像出典:biteki.com

気をつけなければならないのは、それが「ミネラルファンデーション」なのかどうか?ではなくて、「石鹸だけで洗える」「ノンシリコン」と記載されているかどうか?ということなんです。ただ最近は技術の進歩で、シリコンが入っていても石鹸で洗えるものも出てきています。

ファンデーションに使用されているシリコンの中でもオーソドックスなものが「ジメチコン」。顔料でミネラルを使っていても、シリコンが配合されていたら石鹸だけでは洗い流せません。

石けんだけで洗えるかどうかの確認は、まずは「シリコン」の有無を確かめてみましょう。たいていシリコンは「○○メチコン」と呼ばれるものが多いので、まずは成分表をチェックしてみましょう。

ミネラルファンデーションの種類

ミネラルファンデーション=パウダーというイメージが強いですけど、他のファンデと同じ様にたくさんの種類が販売されています。

パウダータイプがおすすめ!:肌にやさしい

パウダータイプのミネラルファンデーション

画像出典:kakaku.com

肌への負担は一番少ないのが特徴のこのタイプです。ただしムラがないように塗るのが難しかったり、密閉力はそこまで高くないというデメリットもあります。オイルを含んでいないので洗顔の際に強いクレンジングがいらず、肌負担が少ないのが人気のポイントです。

基本的にはミネラル成分を混ぜただけのシンプルな処方なので、敏感肌の方には特に人気があります。

プレストタイプがおすすめ!:使い勝手と速攻メイク派の人に

プレストタイプのミネラルファンデーション

画像出典:love-mineral.jp

一部の製品にはタルクと呼ばれる固めるための成分が含まれています。こちらがアレルギーを引き起こす可能性もあるので注意書きや説明をしっかり読む必要があります。含まれている油分といっても少量なので、洗顔料で落とせるケースが多いようです。

ミネラルに加えてオイル成分を含んでいるので、パウダータイプに比べて皮膚への高い吸着力とカバー力が特徴です。

リキッドタイプがおすすめ!:一番はカバー力

リキッドタイプのミネラルファンデーション

画像出典:fu-wari.jp

液体タイプなので防腐剤や界面活性剤が添加されています。そのためどうしてもパウダータイプに比べると刺激は強くなるんですけど、液体タイプなので伸びやすくてフィット感やカバー力に優れています。

水と油を界面活性剤と混ぜ合わせて、ミネラルをプラスした液状ファンデーションです。

クリームタイプがおすすめ!:保湿力、カバー力が高い

ミネラルファンデーションの保湿力とカバー力

画像出典:35-45.net

クリームタイプには乳化剤を使用しないでオイルとワックスのみで作られていたり、水と油を乳化させたリキッドタイプのようなものまで幅広く販売されています。メーカーによって成分が異なるのが特徴で、密着力が高いのでクレンジングが必要なものも多いようです。

反面オイルが多く配合されているので、保湿力やカバー力の高さはミネラルファンデーションの中でもナンバーワンです。

イチオシ!のミネラルファンデーション

1位 エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション

毛穴を隠す力には定評があります。ただ全くふさがれているような感覚にはならずに、まるでメイクしていないみたい、という人もいるくらいです。敏感肌や肌の弱い人でも使えるように、軽いつけ心地です。

透明感や素肌のような感覚に仕上げたいならエトヴォスがオススメです。保湿コーティングパウダーが乾燥を防いでくれて、メイクと同時進行で保湿もできるんです。陶器のようななめらかさの肌の仕上がりが人気の秘密かもしれません。

2位 ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション

汗をかいて家に帰った時にその効果を実感するかもしれません。皮脂吸着効果が光沢を抑えてくれて、皮脂が原因の化粧崩れを予防してくれます。ヴァントルテはしばらくして皮脂が出てきた頃からその効果が出てきます。

使い勝手としての違いとしてはヴァントルテはパフタイプなので、ブラシに慣れていない人にもオススメです。メイクしたばかりではそこまで感じないようなんですけど、ヴァントルテは皮脂が出始めてからカバー力が発揮されるともいえるようです。

 

3位 オンリーミネラル ミネラルファンデーション

メイク道具は安く済ませて簡単に、でもできれば仕上がりはキレイにという人にオススメなのがこちらのファンデーションです。細かな粒子が肌に密着するので下地がなくてもさっと塗るだけでキレイな仕上がりです。朝方時間のない人は手放せないくらいの手軽さです。

乾燥も気になりませんしキープ力も題ありません。時短をコンセプトにしているだけあって手軽なファンデーションです。ミネラルファンデーションがはじめての人や、コスパとのバランスを考える方にはいいかもしれません♪

ミネラルファンデーションいろいろ・まとめ

 

View this post on Instagram

 

NAMIさん(@2230ai)がシェアした投稿


ミネラルファンデーションはちょっと高いかな、と考えている人もたくさんいると思います。選びきれないほど種類もあるし、敬遠してしまう人もいるでしょう。でも肌への負担を考えると、石鹸で洗い流せる肌にソフトな成分でできたミネラルファンデーションはオススメです。

日本ではいまのところミネラルファンデーションの成分・品質に大きな幅があるので、購入前にはしっかりと内容確認したり、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

エトヴォス(ETVOS)のファンデーションがいい!肌トラブル多めの方に◎

 

広告