血行促進や美肌を求めるなら美容効果満点の赤身魚を食べよう♪

2018年8月20日

自炊派でも外食派でも、肉か魚だったらなんとなく肉料理を選んでいませんか?もちろんお肉はおいしいし、魚は料理するにしても下処理だなんだで面倒だと感じるかもしれません。最近の健康ブームで魚を食べた方がいいという事はなんとなくわかってはいるけど、どうしても偏りがちな食生活になってしまいます。

でも美肌効果のある栄養素が魚でしかとれないって知っていましたか?今回紹介する魚の種類や栄養素を覚えて美肌をつくっちゃいましょう♪

赤身魚の美容効果:血流改善

赤身魚を食べる習慣をつくって美肌になりましょう。マグロやカツオは回遊魚といわれる常に泳いでいる魚です。そのため筋肉にたくさんの酸素を含んでいて、その筋肉にはミオグロビンという成分が含まれています。

ミオグロビンは赤いので身が赤くなりますけど、という事はミオグロビンは赤身魚にしか含まれていないんです。ミオグロビンは鉄分を豊富に含んでいるので貧血予防にもなりますし、血液をつくるビタミンB12も豊富に含んでいる女性には嬉しい食材といえます。

さらに血液サラサラ成分である”オメガ3脂肪酸”や、”DHA”・”EPA”といった血流改善効果のある成分も含まれています。美容に必要な栄養素を運ぶため、血流改善はとても大切なんです。

赤身魚の美容効果:美肌効果

また、お肌の代謝を活発にさせる成分として、ピリドキシンという成分が赤身魚には含まれています。赤身を食べる事は血流の改善以外にも、美肌効果やアンチエイジング効果があることがわかっています。例をあげればマグロに含まれるビタミンEは、強力な抗酸化作用で体の酸化を防止する働きがあります。

結果としてシミやシワを防いで老化をやわらげてくれるんです。また、カツオにはミネラルが豊富に含まれているので、健康で美しい体をつくるにはピッタリなんです。

マグロがすごい!その他の栄養素は?

タンパク質

マグロに含まれる良質のタンパク質は、生きていく上で必要な筋肉や臓器、人間の体を作ります。ですからタンパク質が不足すると筋力低下、ひいては基礎代謝が下がってしまいます。ダイエットには基礎代謝のアップのための筋肉が必要不可欠ですし、タンパク質が不足すると髪がパサついたり抜け毛の原因にもなります。+

赤身に含まれるセレン

セレンの強力な抗酸化作用は脂肪の酸化を防ぐアンチエイジング効果があります。また、これによりがんの発生リスクや転移の可能性を低下させるとも言われています。

鉄分

必須ミネラルである鉄は大切な栄養素です。鉄分が足りないとめまいや耳鳴り、貧血以外にも運動機能、認知機能、免疫低下などが起こります。自覚症状が出にくく、日本人女性の三人に一人は貧血と言われています。

亜鉛

亜鉛不足は学習障害や、うつなどの神経障害を起こす可能性があります。また、免疫力低下で病気にかかりやすくなります。味覚障害の原因ともされています。

タウリン

タウリンには筋肉の収縮力を強くする効果があって、それにより全身に血液がしっかりと送られるため、血液量の増加につながると言われています。血流改善効果もあるので代謝がアップしてダイエット効果もあります。

血行促進や美肌にはマグロ・まとめ

いかがでしたか?血行促進や美肌効果を高めるために赤身魚、特にマグロの栄養成分や食べることでの効果を紹介してきました。何でも食べすぎはいけませんけど、もし自分の食生活が肉食(魚以外)中心になっていると感じたら、考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

他にも美肌効果のある食事はあります♪

豆腐ダイエットは夕食に!特に遅い夕食の豆腐はダイエットに効果的♪

朝フルーツ生活を始めよう!朝フルーツを食べると驚きの効果が!