小顔になる方法は?諦める前にやっておくべき6つのテクニック

広告

画像出典:instagram.com

自分の顔が大きい、小さくしたい、小顔の人がうらやましくていっそ整形したい!と考えた事はありませんか?でも諦めるのはまだ早いんです。実は特別な機器を使わなくても自宅で実践できる方法があるんです。頭蓋骨の大きさがあるので物理的な大きさを大幅に小さくする事は難しいのは確かです。

でも、生活習慣によって顔が大きく見える理由の場合もあります。小顔に見せる日頃の努力で小顔に近づけることができるので、今回は6つのテクニックを紹介します。

広告

小顔の基準ってあるの?

そもそも自分の顔は大きいと思っていても、小顔の基準というのはあるんでしょうか?縦の長さや横の長さ、頭の周りの長さなどの一般的な基準はあるようです。正面からみた顔の大きさでいうと、A5サイズのノートに顔が収まれば小顔といってもいいようです。

縦が21センチで横が14.8センチで日本人女性の平均より少し小さいくらいだそうです。

小顔に見えるのは大きさだけじゃない

顔が大きいといっても純粋に顔の大きさだけでは判断できません。同じ大きさでも身長によっては小顔に見えたり大きく見えたりします。例えば顔の縦の長さが1とした時に、自分の身長が頭何個分なのか全身写真で測ってみましょう。一般的な日本人が6.75頭身と言われているのでそれを判断基準にすればいいでしょう。

顔の横幅と肩幅の比率が1:2以上というのも小顔の基準ですので、肩幅が大きめのジャケットなどをアウターにすればいいですね。

小顔に見せる方法①髪型を工夫する

画像出典:instagram.com

顔が大きいと悩んでいる方でも、ちょっとヘアスタイルを工夫するだけで今より小顔に見せる事が可能なんです。顔が大きいという事は、少しでも顔の面積を小さく見せなくちゃいけません。ですから前髪がキーポイントになってきます。眉下くらいまでが理想的で、サイドにいくにつれて横に流していくとベター。

前髪をコテなどで巻いて横に流してスプレーでセットすると左右非対称でも自然に見せる事ができます。NGなヘアスタイルの代表例としては、おでこで前髪ぱっつんです。このヘアスタイルは小顔だから可能なのであって、顔が大きいと悩んでいる方はさらに大きく見えてしまいまし顔の輪郭もはっきり見えてしまいます。

なるべく顔の面積を小さくできるように意識してスタイリングをしていきましょう。

小顔に見せる方法②顏のマッサージ

画像出典:instagram.com

本来の顔の大きさは標準くらいかそこまで大きくなくても、顔のむくみやたるみで大きく見えてしまっている人は大勢います。そんな方はリンパの流れを活性化させて老廃物や水分を排出させてあげる事で、顔のラインをスッキリさせる事ができます。マッサージのポイントは鎖骨を意識して行う事です。

鎖骨にはリンパ節があって全身のリンパ節の出入り口になっています。顔のマッサージから首筋を伝って鎖骨へ老廃物を流すイメージでマッサージをしていきましょう。

小顔に見せる方法③小顔グッズ

画像出典:instagram.com

3つめは市販されている小顔グッズを使う事です。顔のたるみをなくしてシャープにしたり、かっさなどを使ってリンパマッサージを行って老廃物の排出やリフトアップを行います。タイミングとしては肌が柔らかくなっている入浴後がベストです。

グッズはいろいろありますけど、お金をかけなくてもペットボトルを使って行う方法もあります。空のペットボトルに水を入れて、歯を使わずに唇だけではさんで10秒キープします。これを3セット行います。水の量やキープ時間はなれるにつれて増やしていきましょう。

小顔に見せる方法④顔の筋力アップ

画像出典:instagram.com

顔には30種類以上の筋肉があります。人としゃべる仕事じゃなかったり、あまり会話するのが得意ではない方の場合は、顔の表情の動きが乏しいので筋肉が衰えている場合があります。顔の表情筋を鍛える事でタルミやシワをなくしたり、リフトアップ効果も期待できます。

手軽にできる方法としては、【アエイウエオアオ】と発声しながら顔の筋肉を鍛える方法があります。必ず大きな声を出さなくてはいけない、というわけではありません。口を大きく開けたり唇を横に開いたりしながらやると、自然に首にも力が入ります。これをすることでブルドック顔も予防や改善もできます。

小顔に見せる方法⑤食事に気をつける

食生活も必要以上に顔を大きくしてしまう原因になります。では小顔効果のある食事はどんなものがあるかというと、昆布やひじきなどの海藻類やイモ、コーヒーは塩分のとりすぎを調整する働きがあります。

イソフラボンが豊富な大豆系の食品は女性ホルモンの生成に役立ちますし、果物の中ではバナナがカリウムが豊富なのでオススメです。

小顔に見せる方法⑥ファッション

ファッションを工夫する事で顔を小さく見せる事もできます。例えばマフラー(ストール)であご周りを隠してみたり、大きめのアクセサリーをつける事で顔の大きさを目立たなくみせましょう。大きめのピアスやイヤリング、ネックレスやフレームの大きなメガネなどはオススメです。


いかがでしたか?小顔に見せる・小顔に近づけるテクニックを紹介してきました。美容整形外科に行くなどしてお金をかければ早いんでしょうけど、そこまでしなくても日頃の習慣をみなおして、小顔に近づけるならいいですよね。諦める前に自分磨きを頑張りましょう♪

顔のたるみは筋トレでとる!ルルド・フェイスメイクローラーを使って小顔美人に♡

広告