せっかく飲むなら効果的に!やっちゃいけない3つの白湯の飲み方

広告

画像出典:jnhc.co.jp

肌の荒れを防ぐために、体を暖めるなどさまざまなメリットをもたらす白湯。お湯を定期的に沸かして、毎日定期的に飲む人もいます。

でもちょっと待ってください。白湯の飲み方を間違えると、せっかくの白湯の効果が半減します。毎日の努力を無駄にしないために、もう一度正しい飲み方をチェックしましょう!

広告

NGパターン1:水で薄める

画像出典:hadalove.jp

沸かしたての白湯は熱いからって、冷水で薄めて冷ましてませんか?でも水で薄めると白湯のエネルギーバランスが崩れてしまうので、効果も薄まってしまいます。熱い白湯は飲みづらいので少しおいて50℃くらいに冷まして飲みましょう。

NGパターン2:急いで立ったまま飲む

画像出典:josei-bigaku.jp

白湯は椅子に座った姿勢で、ゆっくりくつろぎながら飲むのが一番いいと言われています。現代人は時間もなくバタバタしがちですけど、それでも慌てて立ったままの状態で、急いで飲むのはオススメできません。特に朝は忙しいケースが多いので注意が必要です。

NGパターン3:飲みすぎる

画像出典:bi-diekko-chan.com

白湯が体にいいことを知って、ついつい飲みすぎていませんか?でもあんまり飲みすぎると、胃液が薄まって消化に負担をかけますし、むくみの原因にもなります。1回150mlを限度にして、1日多くても800ml~1Lを目安にしましょう。

正しい白湯の飲み方でキレイになろう♪

いかがでしたか?デトックス・アンチエイジング・便秘や膨満感の除去など、いろんな効果が考えられる白湯は注目を浴びています。でも、毎日白湯を作るのは意外に大変です。せっかく手間暇かけてつくるんなら効果的に飲みたいものですね。

しっかりチェックして美容や健康に役立てましょう♪

お金をかけない美容法♪効果を最大にする深呼吸のタイミング

体の中からケアをする!症状別ネイルケア☆

姿勢をただせば雰囲気美人?たった30秒のコブラポーズで驚きの効果が!

最初は誰でもビギナー!自宅で簡単4つのヨガ・エクササイズ♪

広告